ソフトカプセル|製品の剤型・製剤方法から健康食品の製造をお考えの方
健康食品OEMのバイオフーズ >> 剤型から作る|ソフトカプセル

ソフトカプセル: 原料特性や製品コンセプトに合わせた剤型のご提案

どのような製剤方法で製造するかどうかは、原料の特性・調合状況などを踏まえた上で決定していきます。また、その健康食品を求める消費者の性別・年齢・状態などにも大きな影響を与えます。


こちらでは、ソフトカプセルで製剤することのメリットと弊社の対応可能範囲をご説明しております。

ソフトカプセルの特長

ソフトカプセルにすることのメリット

ソフトカプセルにすることのメリット

メリット1 油成分と粉体成分の組み合わせが可能に

ソフトカプセルは各種剤型の中で唯一、油成分を加えることができます。

メリット2 内容成分の味・匂いをマスキング

皮膜に覆うことで、匂い・味を気にせず摂取することができます。

メリット3 内容物を光から保護

ゼラチン皮膜を着色することにより、ビタミンをはじめ光に弱い成分を守ります。

このような場合にお使いください

複数原料を組み合わせる場合(特にアイケア)

DHA・ルテインといった脂溶性の原料とブルーベリーエキスなどの粉体が調合でき、アイケア製品にとっては理想の剤型です。

匂い・味が気になる場合

原料の持つ匂いや味が気になる場合には、内容物をしっかり覆うソフトカプセルは有効です。

製品の安定性を向上させたい

例えば、光に弱い原料の製品かつ運動中に摂取する製品の場合、光から保護する剤型にする必要があります。

製造可能範囲

形状 目安サイズ 適正内容量 見本
オーバル5
(ラグビーボール型)
直径15.4mm
短径6.7mm
250〜330mg/粒(tab) オーバル5
オーバル8
(ラグビーボール型)
直径14.3mm
短径8.5mm
400〜470mg/粒(tab) オーバル8
サポジトリー
(どんぐり型)
直径15.4mm
短径7.3mm
250〜300mg/粒(tab) サポジット
オブロング14 直径19.7mm
短径8.7mm
800〜850mg/粒(tab) オブロング14
セルフカット型
(ボトル)
長径20.9mm
短径10.5mm
300mg〜350mg/粒(tab) セルフカット型(ボトル)

一貫製造体制により製造・品質管理・梱包まで全てサポートいたします

一貫製造体制により製造・品質管理・梱包まで全てサポートいたします

健康食品の製造に関しては自社内で一貫製造できる体制を確立しておりますので、お客様からいただくほとんどのご要望に対して弊社のみでお応えすることができます。

売れる健康食品作りをご提案!

化粧品OEM製造事例 プラセンタを使った化粧品

お問い合わせはこちら

よくいただくご質問

お問い合わせはこちら

プラセンタ商品のご購入はナノファイン